BLOG

2014年5月13日 火曜日

黒染め落としについてpart2

こんにちは!!

ロンドのコバヤシです!!


引き続き黒染め落としについてです。

前回、前々回でザックリですが黒染め落としの流れを書きました!!

まずご理解頂いたい事なのですが、基本的に黒染めをしている髪の毛は通常のアルカリカラーでは明るくなりません。地毛の黒いのと、黒染めの黒いのは見た目は同じようなのですが、髪の毛の中は全然違います。

それをふまえて。


1.ブリーチをして上からカラーを重ねる。


これが1番黒染めを落として明るくすることだけ考えるのであればベストだと思います。(ダメージや今後の施術の事も抜きにして明るくすることが最優先とした時にです)

ブリーチにより、地毛のメラニン、黒染めの色素も飛ばして明るい土台を作ります。

その上から希望の色味や、明るさのカラー剤を塗布する。


しかし、デメリットもあります。

●ブリーチによる髪へのダメージが強い。

●ブリーチにより土台が明るいので、上から塗布したカラー剤が抜けやすい。

●ダメージが強い分、その後パーマや、縮毛矯正といった施術が出来なくなる。(基本的にはブリーチをした部分は出来ないと思って頂いていいと思います。)


と、なかなか髪への負担が掛かります。


次はアルカリカラー剤でのアプローチについて書いてみます!!!




http://www.lond.jp

投稿者 Lond