吉田 牧人

2014年10月 6日 月曜日

勉強会の隣の人達。

定例の、勉強会・ミーティングをしました


ケミカル統括のマテリアルディレクター小林氏から今回は処理剤についての適切な処置と効能について、、、


処理剤というのは料理で言うところの下ごしらえといったところでしょーか


カラーやパーマなど、カット以外の薬剤を使った施術の場合に用いるトリートメント剤などですね


肉を焼く、蒸す、揚げる、がメインとなる調理方だとすれば、

その料理がより効率良く、より美味しくする為の仕込みです

火が通りやすい様に穴を空けたり、薄く延ばしたり

味が染み込む様に浸けたり、バターをすり込むとか油を引くとかとか、。


食材の状態によって仕込み方が変わる様に髪の毛の質や状態によっても事前の見極めと処理剤の用途が違いますよーって話しでした


うんうん、。

そうか、改めてこれはサロンワークに活かしていこうと思い隣にいる石田氏と斎藤氏をみてみると、、、


小説を読む石田氏。


ヘアセットする斉藤氏。


このお店、自由すぎます。


何事にも勉強は大事ですね。


吉田牧人

pic20141006030627_1.jpg

pic20141006030627_2.jpg

pic20141006030627_3.jpg

投稿者 株式会社Lond