吉田 牧人

2014年12月 4日 木曜日

戦略と本音

pic20141204184609_1.jpg

pic20141204184609_2.jpg



お客様に対しての接客面や技術においてのアプローチの仕方を後輩達から最近よく聞かれる事が増えました

凄く嬉しく思います

業界の中ではカウンセリングの切り口や、カットやカラーの技術的なこと、提案の仕方などにも流行りがあります

売れっ子、と呼ばれる人の売れるやり方、
みたいのも当然あって、一方では、NGとされる事が、一方では正解であったりもします



早く結果が出したいから沢山の情報を吸収するのだけど、個人的に一番良いと思うのは、

お客様のことを想って、自分が一番良かれと思うことが、一番良い。

に、尽きるんじゃないかなーと。


お店によっては単価アップの為に。とか、パーマ比率を上げよう。、とか、、、
ビジネスなので、勿論、戦略的接客はある程度必要だとは思うのだけど、

そのお客さんにとってその時に一番必要だと思う言葉をかけてあけだり、
一番必要だと思う技術を提供すればいーじゃんと、思うのです。

そうしたやりとりの中でお客さんに直接ご指摘を頂いたり、 壁にぶつかった時に
先輩に工夫を仰いだりしていく中で、
吸収していくのが早いのじゃないかと。


指摘というのは、直接的に言われること以外にも、お客さんの顔色やリアクション、言葉数や
勿論、売上などの数字も。
から、今の
自分は合っているのか、間違っているのか、と理解を深めていくのです


そうする事によって、自分の中のお客様に対して思う一番だと思う内容が変わっていく

だから、お声かけも変わるし、技術面でのアプローチも変化する

戦略的な内容を理解する事は大事だけど、
本当に大事なことはもっとある。


お客様の想いと自分のプライド。



だから何となく、美容室にいらっしゃるお客さんがいても、
何となくな気持ちでは美容師は絶対だめなんだと、。

こうしましょう、。ああしましょう。
具体的になさそうであれば、それを聞き出す力を養う。



僕もまだまだですが、後輩達に伝えて一緒に学んでいこうと思います☆


投稿者 株式会社Lond