吉田 牧人

2015年2月12日 木曜日

「髪の毛と会話してる?」

pic20150212015929_1.jpg

美容室における仕事【施術】をざっくり分けるならば
切る 塗る 巻く 流す で、あります。


お客様によって塗る工程や巻く工程を必要とされない場合もありますし、
その全てをさせて頂く事もございます

そういった切る、塗る、巻く、が組み合わせって、ヘアスタイルができ、
多くの方にとっては、流すという唯一、美容室では頭皮ストレスから解放されて癒される時間がこれらに加えて
滞在された時の満足度を更に高めるものと思います


その全ての行程において、手をぬけることはありませんが、
中でも切る、という、カットは全てのベースになり、
ヘアスタイルのスタートであり、ゴールであると考えています


ま、ま。カットやヘアスタイルに熱く語らせて頂くのはまた違う機会とします。


美容室ではスタイリストとアシスタントというものが存続します

どちらも美容師であることには違いありませんが、
アシスタントとの決定的な違いはカットができるのかどーか?

なのです、

良く口にする、デビューというのは、スタイリストデビューというもので、そのお店において、一人前のスタイリスト

【指名を頂いてお客様を自分が責任をもって担当させて頂く】

ことができるようになったという基準に達したということです


なので、アシスタント達はそうなるべく練習に励んでいくのですが、

塗る、や、巻く、や、流す。などと比べても
この切る、という、カットが本当に難しい

僕も最初の頃は左右の長さが違ったことは勿論、昨日できたことが今日できなかったり、
狙い通りにならず、その訳も見つけられず、
そんな自分のカットに納得がいかずにヘソを曲げたり、、、

などなど、、苦労したものです


これは
アシスタントはカットをお客様にさせて頂かないので、
切られたものに対して 塗ったり巻いたりするので、
自分が形を作る機会がほとんどありません。

なので、切る、。というのは形をつくるという施術なので非常に難しいのです


そんな感じのカットに向き合っている我らがアシスタント リコちゃん。

営業後、帰ろうとフロアを見ると黙々と自主練してるじゃないですかー!!!!


涙出そーになりました、

帰り仕度も止めて、つい熱が入ってしまいました

本当に素敵なスタイリストになってもらいたいっす、!!
きっとなれるから。


僕は結構マジで教える時は細かく、分かりやすく、切る時の毛先の引き出す角度、切る時の角度、や幅のセンチや、数字で表して教えます、


この時だけは理数系っぽい雰囲気出します


でも日常でアドバイスする時は、
「髪と会話してるの?」とか、
「頭皮に愛を持った方がいーよね」とか、

直接答えにならないような言葉をかけています

これは皆んなに考えてもらいたいからで、

ヒントにしてもらって自分なりに考えて答えを膨らませてもらいたいって思ってます。


その場しのぎになる内容なら簡単に答えてあげられるけど、

そういう、一つ一つの経験を記憶に残るようにしてもらいたいんだよね

そういう記憶がスタイリストになった時には

お客様に記憶に残る人になれると思っているからです。

だからカットで多いに髪の毛と会話してください、
切って落ちた髪の毛と頭皮に残った髪の毛ともっともっと会話してください☆



吉田牧人






http://www.lond.jp


投稿者 株式会社Lond