長岡 宏晃

2015年6月 8日 月曜日

梅雨になります(>_<)広がる髪の毛のメカニズム☆

pic20150608234711_1.jpg

pic20150608234711_2.jpg

雨の日が増えてきましたね(>_<)

傘をささなきゃいけないし、、、

靴も鞄も汚れるし、、、


じめじめしてなんか気持ち悪いし、、、


何よりヘアスタイルがすぐくずれちゃうのは嫌ですね(>_<)


僕もくせ毛なので
(よくパーマと言われるのよでくせ毛風パーマ風くせ毛と言います)

お客様の気持ちはよく理解できているつもりです。



そもそもなにゆえ髪の毛が広がるのか?

湿気だし、水分なんだからしっとりしてもよくないか?

とか。

乾燥してるわけでもないのにパサパサって、、、

とか。


ちゃんと理由があるみたいですね。


髪の毛には水と結びつき易い親水基と

逆に水とは結びつかず、油分と結びつく親油基

の細胞が共存していまして。


そのバランスによってくせが生まれています。


根元から毛先までバランス良く存在している場合、くせは出ないと言われます。


逆に場所によってその細胞の数がバラバラな場合、うねります(>_<)


つまり、梅雨時期、湿気が多いということは、髪の中の親水基の細胞が水を含み膨らむ事によりうねりが生まれる原理ですね。


じゃあどうすれば?


簡単なのは空気中の水分を髪の毛に入り込ませないようにオイルタイプのトリートメントでコーティングをしたり、

保湿成分が多いヘアクリームなどのスタイリング剤で親水基の細胞にあらかじめ水分を含ませてスタイリングをする。

といった感じです。


あとは、サロンでのトリートメントでいつもよりもしっとり重ために仕上げてもらうとまとまりがよくなり、スタイリングの持ちにつながるかと思います(^_^)



そんな髪の毛のお話でした(≧∇≦)


けどまぁ、日本には四季があって、梅雨にも梅雨にしか見られない景色とかもあるのでポジティブに乗り越えましょう(≧∇≦)



銀座 おしゃれな美容室 Lond
0355799697
中央区銀座2-8-19銀座aビル2F


長岡 宏晃


投稿者 株式会社Lond | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: