石田 吉信

2015年7月22日 水曜日

流行とSNSと部屋とTシャツと

pic20150722135454_1.jpg

pic20150722135454_2.jpg

pic20150722135454_3.jpg

雑誌、書籍、テレビやコラム、ブログ、SNS、、、、、
数え切れない新しい情報やら使い古された情報やらが毎日毎日発信されている。
本当毎日毎日ね、、、

気づけばSNSのタイムラインをスクロールしている。。。昨日も今日も明日もいつも!



『お金を稼げる、これをすれば健康になれる、これをすればモテる、ストレス解消できる〜、今何が流行ってる、〜の商品が日本上陸、これが美味しい、、、、』


人それぞれ「幸せ」とか「成功」の定義が違う、


これが私の幸せ、
これができたら私の人生は成功、
なんて最後までわからなかったりもするのかな?
だから、いつだか自分と向き合うのをやめ、

次から次へと流れてくる時代の流行の中に自分を埋める、埋没させてしまうのともあるのかな。


もし、自分が何かを体験して感動したり、幸せに感じたら、
「これを誰かにも感じて欲しい!」って思うのかな。

「そして、発信する」

でも、それが同様に「全ての人」に感動をもたらせたり、幸せに感じること、ではないよね。

まぁ、そもそも全ての人に対して発信する必要もないし、そんなことはできないんだけど。


自分の「善」が誰かを不快にさせたり、傷付けたりすることもあるのかもしれない。




みたいな裏を読んだり、客観的に物事を観察したり、そして出来るだけ誰も傷つけない行動を選んだりすることが必要な場面もあれば、
それがイノベーションに繋がらない、新しいことが生まれない、変に「大人」になるってことなのかなと最近思う。

もちろん、立場上そういう目線やスキルを育てることも大事だしやっていくんだけど、

「おもむくままに」「生意気に」「利益を顧みず」「第一印象のイメージを貫く」「自分を信じる」
とか、真逆のことも自分の中で育んでいきたいな、と思ってる。

これからのよりグローバルになっていく世界で「誰も傷つけない」精神が逆に誰も救えないってことになるかもしれない。

裏を読んだり、慎重になることがロスになりチャンスを逃すこともあるかもしれない。

「自分らしさを探求する」「自分を信じること」
「も」やってこー^_^

当たり前って場面や、時代によって違うよねー
当たり前って賞味期限が短いんだねー


Lond fille
東京都中央区銀座7-5-5長谷第一ビル4F
03-6280-6758

石田吉信




投稿者 株式会社Lond | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31