吉田 牧人

2016年12月 9日 金曜日

当たり前の事。

経営とは、、そんなテーマに沿って書かれている本を手に取り、読む事がとても多いです。

業種は関係なく、本当に学びになる事が多いです。


他業種の経営者の方の考え方や、
勿論、戦略や、失敗された話、ビジネスモデルの違い、
我がLondにも落とし込んで考えてみるとページをめくる手を止めて考え込んでしまう事もしばしばありますが、
いつの時も、
『従業員の為か?、お客さんの為か?』

そう自問自答しています。

先日読んだ中に、松下幸之助さんの言葉が刺さりました。


近頃は目に見えるものに気をとられていることが多いと。、
総称して言うなら目に見えるものというのはつまりは目の前の数字、そればっかりでは駄目で、

目に見えないものが本当に大切な事だと。

それは何だと言えば、従業員たちの心情や、気配りや連携、声のかけ方や幹部の人格や表情、現場の空気など。


んー。
深い。そして分かりやすい。


極端に置き換えるなら、
目で正に見える数字と、
その数字をつくる上での思いや工夫はどうか?

当たり前の事がいかに難しいか、そんな事も思ったり。
でま、それが難しいと感じてしまう自分がまだ成長しなければいけないのです。


当たり前って、本来は難しい事じゃない。

正しい事を思い
正しい事を伝え
正しい事を実行する。


それだけできれば、それでいい。


さて、12月も3分の1が終ります。
自分が成長しなくては!!


では、また!





Lond 吉田牧人







pic20161209130610_1.jpg

pic20161209130610_2.jpg

pic20161209130610_3.jpg

投稿者 株式会社Lond