BLOG

2017年4月23日 日曜日

お陰様で第4期決算を迎えました。

pic20170423124300_1.jpg

先日、お陰様で株式会社Lond第4期決算を無事に迎える事が出来ました。

詳しくは記しませんが、
お陰様で、増収、増益、スタッフ数も増え、店舗も新たに出店ができ、右肩上がりという成績で終えました。

我々代表陣としては、あれやこれやと戦略だ、教育だと考え、試行錯誤を繰り返しながらやっていて、
これは今も、これからも継続していく訳ですが、

何よりそれを実行してくれるスタッフ達がいてくれるからこそ結果として実現しているので、

本当に感謝しています。


昨年度からはこれもまたお陰様で、
美容室経営についてのセミナー講師などもさせて頂くようになりまして、
改めて業界の過去
(集客方法や雇用形態、出店に関する事、理念等々)
から今に至る過程など我々が大切にしている事、Londとしての正しさとは何か?

など、改めて見直す機会にもなりました。

登壇するにあたり、お話しするにあたり、
それに対してやはり責任を持たなければいけないなと自戒の念を強く感じたものです。


多くの学びを頂く経営塾、稲盛和夫塾長のお言葉に、
「損益計算書や、決算書等々を見るのはまるで自分の健康診断の結果を見ているようである」

とまでに自分自身と会社の成績を重ねて見ているというのを聞いた時、
“経営者”としての土俵が違い過ぎると痛感したものです。
(そもそも比べられる訳がないのですが)


それでも、僕には無理だ。
と、そこに向かう努力を放棄せずに少しでも心を高め、経営を伸ばしていきたいと思います。


Lond 代表 吉田牧人








投稿者 Lond | 記事URL

2017年4月21日 金曜日

お久しぶりです!!

pic20170421000127_1.jpg

pic20170421000127_2.jpg

pic20170421000127_3.jpg

何度となく、“更新頻度上げて書きます!!”

宣言も束の間、、、。


またこうしてここに書くのに日が経ってしまっていました。
何て格好の悪い。

ちゃんとこれからは本当にしっかりと綴っていこうと思います!!


最近は同業、異業問わず、沢山の方々とお会いしてお話しする機会が増えてきました。

また、Lond流セミナーなる経営セミナーで講師としてお話しさせて頂いたり、、、、。


僕も会社もまだまだなのですが、
そういった機会に向けて色々考えている事や、

実際に経験して感じた事など、
パワーアップして書いていこうと思いますm(_ _)m

写真は先日、代表の石田氏に撮って頂きましたよー!


投稿者 Lond | 記事URL

2017年4月 3日 月曜日

New Open!!銀座マツエクサロンGrand oeil toujoursグランウィーユトゥジュール

銀座エリアでホットペッパーキレイにて
マツエク人気1位の
Grand oeil by Lond【グランウィーユバイロンド】から


2017.3.15
新店舗が ニューオープン!!!

Grand oeil toujours

【グランウィーユトゥジュール】
です!




Grand oeil=大きな瞳  を   toujours=いつまでも

という意味を込めて名付けました☆

内装イメージは「イタリアンジェラートショップ」です!




ジェラート屋さんの屋台をイメージしたフロント♡




フロントから各個室への通路です^^



施術後のお色直しもカワイイ場所で☆



施術スペースは全室個室の快適安心空間でリラックスできることマチガイナシ♡




内装は全体的にパステルピンク調に女性専用サロンらしく♡

平日は22時までとお仕事後にも是非ご活用くださいませ^^


場所はわかりやすく、銀座東急プラザの並びになります!
外堀通り沿いです!
一番近い出口の、
東急プラザの地下に出る銀座駅C3出口からの動画がございます☆


道案内動画(動画のブレ直そうと思ったら逆にテロップがブレブレになって見にくくなってしまいましたゴメンナサイ、、、f^^;)







ご予約はお得なクーポンのある

ホットペッパーからどうぞ☆


https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000377725/?smb=0



また、マツエクだけでなく

《セルフホワイトニング》





のサービスも行っておりますので是非こちらも参照くださいませ!!


http://www.lond.jp/self_whitening/



Grand oeil toujoursグランウィーユトゥジュール

東京都中央区銀座6-4-7 GO WEST 3F
03-6264-6912
(4/6までは回線工事中の為、お手数ですがお問い合わせは《090-7843-0302》までお願いします)

営業時間
[平日]12:00~22:00
[土日祝]10:00~20:00
定休日なし

クレジットカード VISA/MasterCard/JCB/American Express/Diners

【アイリストの方へ】
新店舗オープンにつきアイリスト大募集してますのでお気軽にご相談くださいませ!

http://www.lond.jp/toujours_recruit/




http://www.lond.jp/toujours_top/

投稿者 Lond | 記事URL

2017年2月14日 火曜日

“質”の時代。

仕事をする、とは学ぶ、も同意語と言えると思っています。

だから、どんな仕事であっても仕事をしているということは、その時間から学ぶ事があるし、

その仕事の成果をより高く向上させる為には仕事以外の時間や事柄からも学びを得なければ飛躍は無いのだと思います。

僕ら美容師業は髪型をつくる上でベーシックとなる技術と知識、
それを他者と共有したり、提案する為のコミュニケーション力、
更にはヘアスタイルだけでなく、ファッションやメイクといったビューティーをトータルで捉える感覚と、加えてトレンドも理解していなければいけません。

これは最低限の要素であり、

特殊な技術や突質した情報力や感覚は武器になり、
美容師力と呼ばれるものには単にカットが上手だと言われるなんてだけではなくて、

気づかいや、言葉づかい、今では発信力と言われるなんてblogやInstagramでのSNS発信も当たり前にこなさなければならない時代になりました。

さて、そんな時代。
申し上げるなら“アウトプットが簡単にできる時代”
と言えるのではないでしょうか。

これまでは確かな情報を得るならテレビやパソコンがあり、

その以前ならばラジオや新聞がありました。

そのもっと前なら、、、

なんて遡ると、アウトプットが簡単にできる時代な訳なので、とにかく情報がすぐ手に入る訳です。

だからこそ、情報が飽和しているこんな時代だからこそ
(一説によると、この10年間で選択可能情報量は消費可能情報量に比べ約、2万倍)

だそうで、これは簡単に言うならば、
一冊の本しか読めない人に対し2万冊の本が用意されている様なものだという事だそう。

つまり、
相当量の情報提供過多によって、これからは本当に情報にも質が問われる時代が来るのだという事が言えると思います。

物の消費で言えば百貨店やセレクトショップがある様に、
周囲に認められたり、会員制の有料サイトの格付けが起きたり、
特別な情報、限られた人が手に入れられる、など、
何を知っているか?に加えて、
どこでそれを入手したのか?
までが、問われる時代が来るのじゃないかと思います。
これこそがフリーの時代が終わりに向かうのかな、と、


まま、そんな事は当たり前なのですが。

では、どうしたら“質を高められるのか?”


これはどの業種でも言えるのですが、

とにかくまず自分がやってみて、そこで得た経験でなければ“質”というもの自体に気づかないと思います。
例えば
僕もかつて下積みをしている頃に
先輩が髪の毛をカットしていたり、或いはコテなどを使ってヘアスタイルをつくっているのを横目で見ている時に
『あんなものは簡単できそうだな、、』

などと思ってはいたものの、いざ自分がやってみると思い通りはおろか、自分の意思に反するような仕上がりになる訳です。

また、自分がある程度の満足のいくような出来上がりになったとしても、
先輩に助言を仰ぐと
『ここの毛先の動かし方が、、』や、
『艶の出し方が、、スタイリング剤の量や付け方だけど、、』

などなど、反省すべき事柄が溢れてくるのです。

とは言えその時は自分の天井がそこにあるので、
先輩の助言もなんだか全てが理解できない事があります。

それでも、もっと練習をしていると、
以前では理解が至らなかった事柄が分かるようになり、
実際に作れるようになる訳です。

それを繰り返し、繰り返し、失敗や反省を重ねる道の途中で積んでいく経験こそが
“質”を高めるのです。


そうしていく事で、物事の質を見極めるように成長していくのではないかなと思っています。

上記で挙げたような便利な時代が益々速度を上げ進んで来ています。
パソコンがスマフォになり、手のひらで操作できるようになったのもほんのここ数年の出来事です。

それでも、人間に新しい腕がはえてきたり、
羽で空を飛べるようになった訳ではありません。

便利にはなれど、私たち人は人、なのです。

だからこそ、
今まで以上に“質”を高める為に向き合っていかなければと、

人は自然には、グレードアップはされないのですもんね。。


Lond 吉田牧人







投稿者 Lond | 記事URL

2017年2月14日 火曜日

“質”の時代。

仕事をする、とは学ぶ、も同意語と言えると思っています。

だから、どんな仕事であっても仕事をしているということは、その時間から学ぶ事があるし、

その仕事の成果をより高く向上させる為には仕事以外の時間や事柄からも学びを得なければ飛躍は無いのだと思います。

僕ら美容師業は髪型をつくる上でベーシックとなる技術と知識、
それを他者と共有したり、提案する為のコミュニケーション力、
更にはヘアスタイルだけでなく、ファッションやメイクといったビューティーをトータルで捉える感覚と、加えてトレンドも理解していなければいけません。

これは最低限の要素であり、

特殊な技術や突質した情報力や感覚は武器になり、
美容師力と呼ばれるものには単にカットが上手だと言われるなんてだけではなくて、

気づかいや、言葉づかい、今では発信力と言われるなんてblogやInstagramでのSNS発信も当たり前にこなさなければならない時代になりました。

さて、そんな時代。
申し上げるなら“アウトプットが簡単にできる時代”
と言えるのではないでしょうか。

これまでは確かな情報を得るならテレビやパソコンがあり、

その以前ならばラジオや新聞がありました。

そのもっと前なら、、、

なんて遡ると、アウトプットが簡単にできる時代な訳なので、とにかく情報がすぐ手に入る訳です。

だからこそ、情報が飽和しているこんな時代だからこそ
(一説によると、この10年間で選択可能情報量は消費可能情報量に比べ約、2万倍)

だそうで、これは簡単に言うならば、
一冊の本しか読めない人に対し2万冊の本が用意されている様なものだという事だそう。

つまり、
相当量の情報提供過多によって、これからは本当に情報にも質が問われる時代が来るのだという事が言えると思います。

物の消費で言えば百貨店やセレクトショップがある様に、
周囲に認められたり、会員制の有料サイトの格付けが起きたり、
特別な情報、限られた人が手に入れられる、など、
何を知っているか?に加えて、
どこでそれを入手したのか?
までが、問われる時代が来るのじゃないかと思います。
これこそがフリーの時代が終わりに向かうのかな、と、


まま、そんな事は当たり前なのですが。

では、どうしたら“質を高められるのか?”


これはどの業種でも言えるのですが、

とにかくまず自分がやってみて、そこで得た経験でなければ“質”というもの自体に気づかないと思います。
例えば
僕もかつて下積みをしている頃に
先輩が髪の毛をカットしていたり、或いはコテなどを使ってヘアスタイルをつくっているのを横目で見ている時に
『あんなものは簡単できそうだな、、』

などと思ってはいたものの、いざ自分がやってみると思い通りはおろか、自分の意思に反するような仕上がりになる訳です。

また、自分がある程度の満足のいくような出来上がりになったとしても、
先輩に助言を仰ぐと
『ここの毛先の動かし方が、、』や、
『艶の出し方が、、スタイリング剤の量や付け方だけど、、』

などなど、反省すべき事柄が溢れてくるのです。

とは言えその時は自分の天井がそこにあるので、
先輩の助言もなんだか全てが理解できない事があります。

それでも、もっと練習をしていると、
以前では理解が至らなかった事柄が分かるようになり、
実際に作れるようになる訳です。

それを繰り返し、繰り返し、失敗や反省を重ねる道の途中で積んでいく経験こそが
“質”を高めるのです。


そうしていく事で、物事の質を見極めるように成長していくのではないかなと思っています。

上記で挙げたような便利な時代が益々速度を上げ進んで来ています。
パソコンがスマフォになり、手のひらで操作できるようになったのもほんのここ数年の出来事です。

それでも、人間に新しい腕がはえてきたり、
羽で空を飛べるようになった訳ではありません。

便利にはなれど、私たち人は人、なのです。

だからこそ、
今まで以上に“質”を高める為に向き合っていかなければと、

人は自然には、グレードアップはされないのですもんね。。


Lond 吉田牧人







投稿者 Lond | 記事URL

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30