Lond PHILOSOPHY

Love For All
〜全ての人、物、事に愛を〜

サロン名である『Lond(ロンド)』とは楽曲形式のひとつ。
主題の旋律に対し、異なる旋律が定期的に繰り返される形式のこと。
Lond groupの愛を持って世界を豊かにしていきます。

また、『Lond』の『L』には、『Love,Life,Luxe』という意味も含まれており、
“愛を持ってお客様の人生に贅沢をご提供する”
という使命を持ってお迎えしようという理念でございます。

Love For All
全ての人、物、事に愛を

経営理念

Love Life Luxe 愛を持って
より素晴らしい人生をより豊かに
我々Londは、従業員の
物心両面の幸福を
追求する事を経営の軸とする

経営指針

利益の最大化を達成できる会社
ステークホルダーの
幸福の最大限の追求
夢を与え続けられる会社
明るい会社

行動指針

勇気 情熱 希望を持ち、
未来を切り拓く人
愛し、愛される人
明るく素直で
向上心のある人

トップコミットメント

我々Lond groupは美容業界の革命のために立ち上がりました。
美容業界の離職率の高さ、それは仕事に対する満足感の低さ、不安感、組織のあり方、様々に問題があるのではないかと思います。

Lond groupでは、「全従業員の物心両面の幸福の追求」という経営理念のもと、美容師の経済的な豊かさ、仕事に対するやりがいや誇り、そして美容師のサステナビリティに向き合っていき、それらの問題を解決し、人を大切にする業界に変革させていくために、強い気持ちを持って業界トップシェアのリーディングカンパニーを目指していきます。
また、未来のトップカンパニーを常にイメージし、美容業界の間口を広げるべく、社会に目を向け、先進的にCSRに取り組み、業界に広げていきます。

美容師という仕事はお客様の毛先を整えるだけの仕事ではなく、髪型を美しく、かわいく、かっこよくしたり、パーソナルなコミュニケーションをすることにより、明日からの自信や活力を与え、勇気付けられる素晴らしい仕事だと心から思っております。

全ての人がLond groupのどのサロンでも最高の美容室体験ができるように、会社は、社員一人一人を大切にし、社員満足度を上げ、そして先進的な教育カリキュラムを提供し、社員は、Lond groupの行動指針にあるような素直で明るく向上心を持ち、勇気、情熱、希望を持ち未来を切り拓いていく人材のごとく、どうしたらお客様が美容室を通じてもっと喜んでいただけるか、どうしたらもっと楽しく、そして、リラックスできるか、お客様へのより良いおもてなしを学び、実践していき、経営陣と現場が一丸となって全てのステークホルダーの最大限の幸福の追求をしていくことがLond groupの経営方針でございます。

Love For All〜全ての人、事、物に愛を〜
という企業理念通り、我々のステークホルダーが増えれば増えるほどに世界には愛が広がります。
そして、LondのLに込めた〈Love、Life、Luxe〉という想い、【愛を持って、関わる人の人生や生活を、より豊かにしていこう】これを一緒に叶えていける同士をこれからもたくさん巻き込み、まずは美容師から、お客様、世界へと愛の手を広げていきます。

STORY

美容室第1号店Londができあがるまでのちょっとした話。

知る人ぞ知る、僕らは創業メンバーは専門学生のクラスメイト。
専門学生2年生の時なのか卒業間際なのか、僕らはみんなで成長したら美容室を出そうと約束していた。
みんな別々のサロンで下積みをし、時に集まり、未来のサロンの話をしていた。まだ見ぬLond。
そして、それは約束してから8年の歳月を経て、実現することとなる。
2013年4月12日
株式会社Lond設立。
皆でお金を持ち寄り同額出資にて起業。
そして、8/3、ハサミの日にむけて出店準備を始めた。

場所を練りに練ったブランディングにおそらくもっとも合う街
「銀座」に決め、テナントを探した。
しかし、さすが銀座。
新規創業ということで契約の手前ギリギリで審査を蹴られたりもした。
それでもなんとか縁あって物件契約。
僕らは新規創業1店舗目では考えられないくらいに総工費をかけた。
税理士に笑われるくらいに(笑)
6人の想いがあふれ出しということにしておきましょう。

「素晴らしい技術、素晴らしいサービス、素晴らしい空間を、しかも、驚きの価格で』をコンセプトとする以上、空間も主役。

僕らは後ろ盾はなし。お金はみんなでなんとか集めた。
僕らは今まで働いてたサロンと同等、でもなく、
自分たちが自分たちの技術の対価として頂戴したい金額、でもなく、
あくまでお客様目線で僕らのターゲットが喜んでいただけるであろう
【適正価格』を徹底的に吟味し、ブランディングを練った。

そして、どんな会社にしたいか?
みんなでオープン前は毎日のように集まり話し合った。
その中で生まれた理念の一つ、

【従業員第一主義】
まだ見ぬ従業員のことを考えるその前に、まずは雇えるだけの売り上げを作ることだ。
会計士さんには初月は赤字、半期で利益をトントン、期末に少し黒字にもってければと概算を出された。

ブランディングに合うサロンとして選んだが実は6人誰も働いたことのない場所「銀座」

顧客、新規集客にポジティブな予測はあれど不確実。
なんと内装費をかけすぎてランニングコストがほぼない状態でスタートという綱渡り、、、
本当に会計士さんのいうように初月から赤字なら早めのキャッシュアウト(笑)
内装は本当にこだわりぬき、東京中の雑貨屋を巡り、小物も集めた。
パウダールームの水回りはイタリアから取り寄せたりもしました。
オープン1年前から作品も作り続けた。
仲間同士たくさんぶつかり合った。

カメラマンは、今や数多の芸能人、モデルを撮影する齋藤裕也さんにご協力いただきました。

ありがとうございます。
僕らも撮ってもらいました(笑)
オープン前日ギリギリまで内装作りに車であちこち周り、なんと完成。

当日にはたくさんのお花をいただきました。
もうベランダに出ちゃうくらい。

本当にありがとうございました。
とっても嬉しかったです。
Lond1号店の内装のテーマは『シアター』

まるで中世パリの劇場のチケット売り場のような受付をすまされたお客様をお連れするのは
まるで映画の中。

お客様が主役です。

税理士さんの期待を良い意味で裏切り、初月から黒字になるほどに多くのお客様にお越しいただき、
またそれが継続できています。
Londはまだまだ成長し続けます。

目指すは美容室業界年商1位!!
たくさんの美容師の働いがいや幸せを作り、
みんなの力でLondを通じて社会貢献していきます。

今後とも乞うご期待下さいませ。
PAGE TOP