サステナビリティ・CSR

Londソーシャルグッド

インドネシアのゴミ問題への貢献

Lond groupが海外展開しているインドネシアは、

中国、アメリカ、インドに次ぎ世界第4位となる2.6億人の人口を抱え、経済成長率も5.5%と急速に発展を遂げている新興国。

いま、東南アジアでもっとも注目されているこの国では、どんどんと豊かになる暮らしの代償として

新たな社会課題が表面化しているのが「ゴミ問題」


インドネシアでは年間6,500万トンもの固形廃棄物が排出されており、そのうち約7割がそのまま埋め立てられています。

リサイクルやコンポスト(たい肥化)に向かうゴミはわずか7%しかなく、残りの24%は違法に焼却・廃棄されているのが現状です。

ゴミの8割以上は分別されておらず、せっかく分別された残り2割のうち半分も、結局はゴミ輸送の過程でミックスされてしまう。

また、インドネシアは年間187トンものプラスチックごみを海に排出しており、海洋汚染を深刻化させています。


数年前にはゴミで埋め尽くされて川面が見えなくなっているCitarum川が世界中の報道機関のスポットを浴び、
「世界で最も汚染された川」として不名誉な形で認知度を上げることになりました。
それを受け、僕たちもインドネシアにある会社として、インドネシアの為に何か出来ないかと思い、

まずは自分たちから出来ることを始めようと思いました。そこで私たちはゴミ問題に取り組みたいと思います。


まず、私たちが始めたのはリサイクル出来るゴミの分別からです。
再生可能な資源ごみを分けます。

例えば「ペットボトル」「ペットボトルキャップ」「プラスチック容器」などです。
そして私たちのスタッフに「なぜこの取り組みが大事なのか」を分かってもらうのが一番大事だと思っています。

 

そして私たちがリサイクルの為に分別したゴミを責任持ってリサイクルセンターに運ぶ施設があります。それを'bank sampah' と言います。

bankはインドネシア語でも「銀行」。sampahは「ゴミ」ということになります。

この施設に僕たちが分別したものを持っていくと、1kgあたりでお金に変えてくれます。

私たちはそこで得た報酬を貯めて孤児院に物資を送ろうと思っています。


やはりこちらの国でのゴミや環境へのリテラシーはまだあまり高いとは言えません。

ですが自分たちの住む世界がこのまま何もしなかったら、この先どうなってしまうのか。

そういう社会課題も共有し、また周りの会社なども巻き込んでいきたい思います。

 

〈Lond group CSRページへ〉

PAGE TOP